水道工事に必要な資格は多い

水道修理には法律が絡むだけでなく、資格も必要になってきます。誰でも行なっていいものではなく、ライフラインとして責任を持って施工をしなければいけません。公正な水道料金の徴収といった面でも資格者の施工は重要になってくるでしょう。

■給水には必須の給水装置工事主任技術者

水道工事にはいろいろな資格が必要になります。その一つとして給水装置工事主任技術者が挙げられるでしょう。さまざまな工事の技術を管理するだけではなく、検査の立会人となる責任者を有していなければいけません。これは国家試験に合格しなければ取得できない資格です。それだけ重要であり、工事業者は水道事業者指定を受けるために必須の資格です。

■構造上重要な管工事施工管理技士

専門性の高い水道工事であるというところが重要ですが、管工事施工管理技士も必要です。建物に管を通さなければいけないときには、この資格が必要です。構造上考えても大事な部分になってくるので、国家資格となっています。一定の実務経験もなければ取得することができない資格であり、学歴によっても変わりますが、専門性の高さがうかがえます。
他にも下水道排水設備工事責任技術者や水道技術管理者などの資格が存在するため、高いレベルが求められていることがわかるでしょう。大事なことであり、それだけ生活に必要なもので、水道工事で失敗は許されません。

■まとめ
水道工事は簡単に誰もが行なっていいものではありません。高い専門性が求められ、知識も経験も必要になってくるので、資格は当然のものといえるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ